Yoga Aliance RYT200全米ヨガアライアンス(RYT200)

WHAT IS YOGA CERTIFICATION?ヨガに資格とは?

ヨガインストラクターには”資格”と言うものはありません。“英会話の先生”や”ピアノの先生”などと同じように、経験があり、ヨガの知識を持っている人ならば特に特別なトレーニングを受けることなくヨガを教えること、クラスを始めることも可能です。

しかし近年では多くの人が、ヨガスタジオで行われるヨガティーチャートレーニング(指導者養成コース、以下YTT)を受講することにより、クラスを指導するのに必要な知識や経験を得て、コース修了の認定書を取得しヨガインストラクターとして活躍しています。本来は、”ティーチャートレーニングの修了=ヨガの先生の資格”ではなく、あくまでも”ティーチャートレーニングの修了=認定書をもらう”という仕組みです。

日本でも多くのヨガスタジオがYTTを開講しており、トレーニングの期間、内容ともにスタジオごとに異なります。YTTを受講したスタジオのみで指導することが可能なもの、受講したヨガの流派のみで指導が出来るもの、日本以外の国でも認定されているもの、など認定の種類も様々です。

その中でも全米ヨガアライアンス認定のYTTは近年日本でも注目され、多くのインストラクターを目指す人達や既にインストラクターとして活躍している人達が、自身のスキルアップの為に受講をしています。

WHAT IS YOGA ALLIANCE?全米ヨガアライアンスとは?

1999年に、それまであったいくつかのヨガ団体やボランティア団体をまとめ、様々な種類や方針を持ったヨガを行う人々が、お互いを理解し、認め合い、助け合っていく為に設立されました。ヨガの指導者としての必要な水準を保つ基本的な知識の基準を定め、ヨガティーチャー及び、ヨガティーチャートレーニングプログラム(スクール)の認定を行っています。

またヨガコミュニティをリードし、ヨガティーチャーの指導水準を保つことや情報供給をすることにより、ティーチングを発展させていくことを彼らのミッションとする、サポート団体です。

全米ヨガアライアンスRYT200取得の利点

信頼性

ヨガインストラクターとしてヨガスタジオに応募する際、あるいはインストラクターやスタジオオーナーとしてRYT200を掲げることにより、スタジオや生徒からの信頼を得られます。

バランスの取れた知識

全米ヨガアライアンスのカリキュラムはヨガティーチャーとして求められる必要最低限の知識をバランスよく定めています。

WHAT IS RYT?全米ヨガアライアンス認定ヨガティーチャートレーニングとは?

全米ヨガアライアンス認定YTTでは、アライアンスによって定められた200時間のインストラクターとして必要とされる基本的な知識(アサナ 、指導方法、ヨガ哲学、生理学、解剖学、アーユルヴェーダなど)を学び、トレーニング修了者には認定書が発行されます。希望者は全米だけでなく世界50カ国で認知されている全米ヨガアライアンス認定インストラクター“RYT” (Registered Yoga Teacher)として登録する事ができ、自身の履歴書やプロフィールなどに“RYT” (Registered Yoga Teacher)表示を使用することを認められます。

200時間のトレーニングの修了後、300時間の追加トレーニングを受けることにより500時間の認定を受けることが出来ます。

2005年には登録基準の改定が行われ、RYT認定後も多大なる意義深いトレーニング経験を積んだ指導者への“E-RYT” (Experienced Registered Yoga Teacher)認定をスタートしました。(E-RYT 200は最低2年1000時間以上/ E-RYT 500は最低4年2000時間以上の指導経験を必要とする)E-RYTにはそれぞれのレベルに応じたティーチャートレーナーとしての資格が与えられ、アライアンス認定のYTTを行うことが出来ます。

WHAT IS RYS?全米ヨガアライアンス認定校とは?

全米ヨガアライアンスは200/500時間のヨガティーチャートレーニングの基準を制定し、この条件をクリアするスクールを”RYS” (Registered Yoga School)として認定、”RYS”表示の使用が認められます。また、認定校で行われるYTTを修了したものには自動的にRYTへの登録認定が与えられます。(RYSでのYTTを修了した場合でも、自分自身でRYTへの登録手続きを行わなければならない。)

現在日本には30以上の全米ヨガアライアンス認定校があり、YTT開設時期は各スタジオによって異なります。また200時間のトレーニングを集中的に短期間で行うスタジオ、いくつかのセクションに分けて長い期間をかけて行うスタジオなどトレーニングの方法も様々です。

<日本の主な全米ヨガアライアンス認定校 2014/7/1現在>
OHANAsmile Yoga Studio www.ohanasmile.jp

WHAT IS OUR TRAINING?本コースの全米ヨガアライアンス認定(RYT200)トレーニング

全米ヨガアライアンスは質の高い ヨガインストラクター養成に必要となる基本トレーニングカリキュラムを定めたヨガ協会です。プラクティス、ティーチング、哲学、解剖学等に別れた各分野の内容及び最低時間数を定めます。

本トレーニングはこの200時間カリキュラムに沿った内容となり、ヨガティーチャーとなるべき基本知識を習得できるコースとなっています。

CURRICULUMカリキュラム内容

このコースで学べるヨガスタイルは、日本でもポピュラーなヨガのスタイルであるアシュタンガヨガです。

PHILOSOPHY哲学

  • ヨガ・スートラ
  • アーユルヴェーダ
  • サットサング 他

ANATOMY解剖学

  • 体の仕組み
  • 体の動き
  • エネルギーの流れ 他

LIFESTYLEライフスタイル

  • 自然に触れる:オーガニックファーム
  • マインドラボ
  • 数秘学

PRACTICEプラクティス

  • マイソール・プラクティス
  • 呼吸法
  • メディテーション
  • バンダ 他

TEACHINGティーチング

  • ハンズオン・アジャストメント
  • カウントの取り方
  • クラス構成
  • 生徒との対応 他

BUSINESSビジネス

  • ビジネスとしてのヨガ
  • ヨガ・マーケティング 他